Technological audio Works. 情報局

BMS制作時の裏話とか載せるブログ。

 皆様こんばんは。TaWでございます。例によって大晦日はRiJを見て過ごしています。休暇を満喫することを躊躇しないでください!

 
さて、今年もおかげさまでそれなりの数のBMSを世に出すことができたわけですが、せっかくなのでざっと振り返ってみることにします。RiJの配信を見ながら書いているので多少の粗さが出てしまうかもしれませんが、見つけ次第年明け後に修正します。

 この振り返りが来年の自分の成長につながることを願いつつ…。
 それでは、見ていきましょう。

全力疾走チャレンジ(from BOFoonXVII)
 いきなりネタBMSからスタートです。これ数に含めていいのか…?
当初の予定ではBOFoonに出すのは昨年の年末に出した2だけの予定だったのですが、年始早々急に1つ出したくなったため数時間ぶっ通しで作りました。年始早々、しかもくだらないネタのためにデスマをする羽目になったこの件が、この後のことを暗示していたのかもしれません。知らんけど。

Blizzard Wing (from BMSをたくさん作るぜ'22)


 4rcad1aの制作後記にも書きましたが、当時私は絶賛スランプの真っ最中で新曲が書けず、急遽2016年ごろに制作した楽曲のリメイクで参加しました。当時スケールやコード進行への理解が浅かったこともあり(そこ、「今もだろ」とか言わない)、メロディへのコードの割り振りや楽曲の再構成にかなり苦労しました。逆に、最近あまり作らなくなった音ゲーコア的な方面の楽曲だったため、技術とか関係なくいかにも音ゲー音ゲーした曲を書きたい、という思いが強かった当時だからこそノリと勢いで書けた曲だと思います。
 やっぱり無理やり合わせた弊害か、コード進行には結構メスが入りました。とは言え、王道音ゲースタイルで派手な高難易度譜面を作りやすいタイプの楽曲でもあったため、作っていてかなり楽しかったです。

Juvenile leaves (2022 rework)(from BMSをたくさん作るぜ'22)


 こちらも過去作(2017年春作曲)のリメイクです。原曲はYouTubeに上げていましたがサビ後半のスケール外しがあまりにも酷過ぎたので消しました。その後リメイク版をPhysitaker様のコンピレーションアルバム『RHYTHM GAME ESSENTIALS』に収録していただき、今回は2回目のリメイクとなります。
 改めて聴いてみると急いで作ったため音源がいろいろと粗っぽいですね。これは'00年代の初期の音ゲーTRANCECORE(もっと言えば某Sさんの作品)へのリスペクト的な側面があるため敢えて古めの音を使用したためでもあるのですが、それにしても流石にメインリードの音はもっと拘れただろと思います。

ヘビーロブスター (from はるかぜ音楽祭)


 コピーBMS。個人的にカービィシリーズで特に思い入れが深いのが鏡の大迷宮、参ドロ、USDXなのですが、その中でも耳コピが簡単そうなのを…(音感に自信がない)ということでこの曲を選びました。少々選曲理由がアレですが、それを抜きにしてもメカボスが急発進して後ろから迫ってくる緊張感が出ているカービィらしい演出とマッチした楽曲なので普通に好きな曲です。
 インプレではさすがに尺が短い!と言われたのですが、譜面のレパートリーを2ループ分用意できなかったので1ループのみになったという実情があります。シンプルな繰り返しパートメインの曲は派手な譜面を作るのが難しい…。

N.O.V.A. -Out of Control- (from はるかぜ音楽祭)


 こちらが本命でした。銀河に願いをのシューティング面の曲は実は私がゲームミュージックとしてのテクノに目覚めたきっかけの楽曲のため、いつか絶対にBootleg(非公式アレンジ系について私はリミックスと呼ばずに敢えてそう呼ぶことにしています)を作りたいと思っていたため、今回その目標が達成されたことになります。
 納期の都合上GW前後の期間返上で制作したため、ミックスの仕上がりとしては少々粗削りになってしまったのも事実ですが、イベントでは結構好評をいただいたようで良かったです。「メカメカしさ」というのでしょうか、あの金属的で重厚な雰囲気いいですね…。
 因みに余談ですが、ロボプラのアレ(わかる人にはわかるネタ)要素をギミックで入れた「Heartless」という差分を作りかけていたのですが、納期に間に合わず断念しました。

Shining Spirits (from Blessed Magical Story)


 2時間DTMチャレンジを自主的にやったらいい感じのができたため、多少編曲してBMS化しました。
 実を言うとこのイベント、当初やる予定だったネタが間に合わず、やむなく辞退することを考えていたのですが、上記の過程で何とか生成に成功したためそのままノリと勢いで出ました。後悔はあまりしてません。
 作った側としてはRPGの通常戦闘曲イメージだったのですが、某氏からSTGっぽいというインプレを頂いて勧められた曲を聴いてみたら成る程、確かに近いテイストを感じました。STGというと弾幕シューで有名な某C社や水棲生物モチーフボスでお馴染みの某T社の影響でテクノ方面の印象が強かったのですが、ロック系統もあるんですね…。いろいろ知見を深めなきゃ…。

電光 (from BMSかん字ドリル2年生)


 A-1 10thで発表した作品『紫電 (SHIDEN)』の続編的位置づけの作品。4rcad1aの制作後記にも書きましたが、4rcad1aとタイトルが逆になる可能性がありました。
 今年でBMS作家デビューから5周年を迎えるにあたり、以前作った作品の正統後継的エッセンスの作品やオマージュ的要素を入れた作品を作ることを今年やりたいことの1つとしていたため、かなり力を入れた作品です。ただ、最終調整をギリギリまで行った代償としてBGAを依頼するだけの猶予が無くなり、BGIでビジュアル面は挑むことになり、それが評価面でディスアドバンテージになった可能性はあります。それでも、やはりSTGや戦闘機方面に造詣が深いraiiさんに制作を依頼しただけあり、非常に高クオリティなBGIで依頼した側としては120%満足しています。自分の作品にかっこいいビジュアルが付くのは良いですね。raiiさんありがとうございました!
 イベントでの評価は少々しょっぱいことになってしまい、内心不本意な結果で終わってしまって心残りはありますが、兼ねてからやりたかったヴォーカルもののDnBを作ることができたのでかなり気に入っている作品です。

4rcad1a (from BOF:ET)


 この記事を読みましょう。すべてをここに書いたので改めて書くことはないです。サイバーパンクはいいぞ。

Episode 0ne (from BOF:ET)


 詳しくはこの記事を読みましょう。記事に書きそびれた内容を補足すると、この曲も上記の「以前作った作品の正統後継的エッセンスの作品やオマージュ的要素を入れた作品」カテゴリーに入ります。まあ半分結果論ですけど。'00年代的サイバートランス、再注目されてくれ~!!あ、もちろん昨今のプログレトランスも好きです。

Ein Lichtblitz (from アートなBMS) これも過去作リメイクです。リメイクに始まりリメイクに終わる。そんな年があってもいいじゃない。
 インプレではギミックが賛否(思いっきり「否」寄り)両論でしたが、別のところでも言及したとおり、ギミックの設計ミスは地雷の間隔と地雷のダメージ量のみのため、残りは想定通りの挙動です。というかそもそも原曲自体音ゲー的ギミックを想定して作曲しているため、「そういうもの」と思っていただければ幸いです。ギミック譜面にも今後は色々実験も兼ねて手を出してみたいですね。



 昨年のBOFの結果の影響で喜びの反面年始早々スランプに陥ったためいろいろ苦しい1年ではありましたが、BMS作家、およびアマチュア音ゲーコンポーザー(自称)としてかねてからやりたかったことに挑戦でき、また界隈の色々な人とも交流できたため良い1年だったと思います。
 来年は外部の意見を過度に受けすぎず、同時に成長も怠らずに自分らしい作品を引き続き楽しんで作っていきたいと思う所存です。
 今年1年ありがとうございました。来年もTaWをよろしくお願いいたします。

 あ、今年残り10分しかねえ!!!!

 皆様お世話になっております。TaWでございます。仕事も無理やり納まり、ここ数日は恒例のRTA in Japanを見ながら年末の休暇を過ごしております。

 さて、本ブログでは主にTaWの作ったBMS作品の制作後記や好きなBMS作品の紹介、BMS界隈や音ゲー情勢に関しての考察等の記事の執筆を行っていますが、それ以外の趣味関連についてゆるく書いていく場所も欲しいなと思い、知り合いが何名かそちらにアカウントを開設した影響もあってこの度noteを始めました。

TaWのユーザーページはこちら

 本ブログでの記事は割としっかり書き込んでいますが(それにしては頻繁にふざけてるような気もする)、noteの方はTwitterの延長みたいなノリで書いていこうと思います。つまりかなりゆるい雰囲気になると思います。
 …とは言えど私の性格上妙なところにこだわって結局しっかり書き込んでしまいそうな気もしますが、まあそうなったらそうなったってことでよしとしましょう。
 TaWの最近好きな曲とかハマってるゲームとか全くエキサイティングでない日常について1ミリでも興味がある方はフォローしてみればいいんじゃないかな。いるのかなそんな人…
 
 こっちのブログは今後もBMS・音ゲー関連について書いていきますので、引き続きよろしくお願いします。

 皆様いかがお過ごしでしょうか。TaWでございます。Black Fridayセールで購入したK28がようやく家に届き、最大尊敬VことDJMAX RESPECT Vの8Bモードをまともにプレイできる喜びに浸る今日この頃です。一般的なキー配列だとクッソ押しにくいんですよあれ…。
 さて、戯言はこれくらいにしておいて、本記事では私がBOF:ETで公開したBMS作品『4rcad1a』の散々勿体ぶってきた裏話を書き連ねていきたいと思います。お時間のある方は少々お付き合いくださいませ。
 もう一方の作品である『Episode 0ne』の裏話についてはこちらをご覧ください。


1. チーム結成編
 さて、作品の話をする前に、今回のBOFで私がチームを結成したいきさつについて書いておきたいと思います。
 正直ここだけでも相当な文字数が書けるレベルでいろいろなことがあったのですが、作品の本筋からそれるのでかいつまんで説明します。
 当初私は所謂1人チームをやることを企画していました。しかし、諸般の事情で今年は困難、ということで諦め、自身の作風の中で大きな割合を占める要素の1つである「サイバー」をテーマに、この作風と相性がよく、同時にこれまでお誘いしたいけれど大物すぎて声がかけづらかった作家さんに声をかけさせていただくことを裏コンセプトとしてチームを結成しました。
 また、同時にBOFU2017でBMS作家デビューしてから今年で5年になる、ということで、自身の実力にチャレンジする1つの指標として「(できることはしっかりやったうえで)偽名で参戦し、どこまで票を伸ばせるか」という試みを行うことにしました。まあ察しがいい人にはバレバレだったんですけどね
 チーム結成発表時の反応は割とよく、この流れをうまいところ本戦につなげていきたい…と思いつつBMSの制作に入ったわけですが、ここからが本当の地獄だった。


2. 地獄の作曲編
 実は、BOFに向けての作曲自体は今年の2月、それこそチーム登録が始まるずっと前の時点で開始していました。去年よりも4ヶ月も早いぞ!優秀!まあ、MA出禁が事実上確定していたからこそできた芸当なのもありますけどね…。
 しかし、上記のMA出禁、すなわち去年のBOFの結果が悪い意味で自分にのしかかってくることになります。要するに、
プレッシャーがでかすぎて曲がまともに書けない。

 Bた作は過去作のリメイクで、はるかぜ音楽祭はそもそもオリジナルではなくリミックスやコピアレが対象だったためうまく乗り切れましたが、オリジナルの新曲は書こうとしてもなかなか書くことができませんでした。
 一応方向性としてはサイバーな感じの(去年との差別化のために敢えて広義の)テクノ、可能ならばヴォーカル曲にする(※結局達成できず)という大枠は決めていたのですが、なかなかそれらしいものが生まれず、煮詰まっているうちに気づけば4ヶ月が経過していました。つまりスタート地点は去年と一緒です。まるで成長していない…
 そんな中、本家ことbeatmania IIDXで開催されていた楽曲解禁イベント「CastHour SPACE」にとある楽曲が追加されます。そしてその楽曲の存在が今回のBOFの楽曲の方向性を決定づけることになりました。Dirty Androidsさんの『Nocturnal 2097』という楽曲なのですが、これを聴いたとき「今年目指すべき『答え』はこれだ!」と思いました。とんでもない電波な文章に思えるかもしれませんが、この時感じたことがこんなことだったんだから仕方ない。そしてBOF用の楽曲の計画をいったん白紙に戻し、しばらくApple MusicでSynthWaveやDarkSynthを聴き漁る日々が始まりました。
 そして作曲を始めたわけですが、この期に及んで自分の中で迷いが生じます。こいつ優柔不断すぎだろ… というのも、この時BMSかん字ドリルに向けて同時並行で制作していた楽曲『電光』が、その和風なタイトルとは裏腹にUK色のあるDnBとして形になりつつあったため、「ちょっとタイトル的にミスマッチなのでは?」と思い、DarkSynthの方ならその影響もとジャンルであるVaporWaveのビジュアルやMVに支離滅裂な日本語が出ている分タイトル的に合いそう(なんならサイバーパンク世界のイメージでよく見かける「電光」掲示板とひっかけることもできる)と思ったため、一時は電光のタイトルをこちらに回し、DnBの方をBOF公開に変えることも考えました。しかし、電光の方はコンセプトとしてA-1 10thの『紫電(SHIDEN)』の後継作であり、音ゲー的なヴォーカルもののDnB×Hardcoreを書いてみたい、どうせ5周年ならやりたかったことを実現させる方を優先したほうがいい、という意志が決め手となり、タイトルは交換されず、そのまま楽曲制作を進めました。
 …余談ですがかん字ドリルの裏話記事を書かなかった理由がこれです。さすがに偽名未公開の時点で「BOFの曲とタイトルが逆になるかもしれませんでした!」なんて書けませんからね…。
 今まで使ってこなかったタイプのシンセ音がそこそこ必要になったのでそれなりの出費を覚悟したわけですが、なぜか昨年のNexusのクリスマスセールで私は何を思ったかSynthWaveのエキスパンションを購入しており、幸運なことにこれがかなりの割合で足掛かりになりました。さすがNexus、即戦力っぷりが半端ないぜ!でも最終的に使われてる音の半分くらいはSpire製らしいよ
 あとは電光でもそうなのですがこれまであまり使用しなかったギターバッキングを積極的に盛り込みました。DarkSynthのルーツの1つにMetalがあり、リファレンスで聴いてきたDarkSynthやSynthWave、80's Discoなんかもやはりギターによるバッキングを入れているものが多々あったのと、やはり音の迫力や厚み的な面でギターは欠かせないと思ったからです。ただ、ギターという楽器は下手な打ち込みよりも実際に弾いた方がずっと良い音が出るとこの界隈ではよく言われるとおり、打ち込み時の調整にかなり苦労しました。
 そしてSynthWave系統でやはり重要なのが浮遊感のあるパッドサウンドです。これは例によってNexusの音で大体何とかなったのですが、これが本当の意味で牙をむいたのがミックス時。とにかくリバーブ命のジャンルのため強めのリバーブが常にかかっているのですが、これが他の音、特に主旋律と干渉を起こして音像がはっきりしなかったり妙なところで不協和音になっていたりとコントロールが非常に難しく、音切りが終わったと思ったらLR2で再生すると音割れしていたり不協和音になっていたりでまた音切りのやり直しor配置のやり直し、といった賽の河原現象が起きました。最終的に今のミックスに落ち着いたのですが、試聴音源版は割と納得のいくミックスになったのに対してBMS版はサビのフレーズの中間部分に違和感が残ってしまい、自分としては妥協してしまった感が強いです。確実にインプレで突っ込まれるだろうな…と戦々恐々としていましたが、意外なことに特に指摘はありませんでした。その代わりそれなりに自信のあったもう一方の作品のメロディラインでダメ出しを食らうのだった…。
 因みに作品の方向性を白紙化したことで当時の方向性は一旦無しになったものの、その後ひょんなことから作ることになったもう1曲の方のコンセプトに再利用されたわけですが、それはEpisode 0neの記事で。


3. BGA&譜面編

 BGAについては昨年TECHNO-LOGICで超絶高クオリティなBGAを仕上げていただいたMES19さんに、譜面についてはこちらも地力譜面に定評のあるLennonさんに続投していただきました。やはり信頼できるパートナーがいると心強いですね。
 言うまでもなくこちらはそろって高評価。お二方ともありがとうございました&今後もよろしくお願いします。
 そして、今回久しぶりに昨今の9ボタン譜面需要も鑑みて9ボタン差分の制作も依頼することにしました。知り合いにも9ボタン譜面制作者は何名かいるのですが、その中から今回は2*4=8さんに依頼を行いました。というのも、氏には私の初BMSである『Vessel』の9ボタン譜面を制作していただいたというご縁があり、デビューから5周年という節目に依頼するなら間違いなくこの方1択でしょ!ということで迷わず依頼。こいつどこまで5周年ネタ擦るつもりなんだ…。結果、快諾していただいたうえでこちらも素晴らしい譜面を作っていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。


4. 反省編
 …とまあ例年よりも早かったはずなのに結局長引いていつも通りの開催期間を駆け抜け、こうして現在に至るわけですが、結果は暫定ですが106位(※先ほど確認したらインプレが1件削除されていたため、実際はもうちょっと下になりそうです)と個人的な狙い(100位以内)には届かなかったものの初日登録でない偽名作品としては割と伸びたと思います。やはりBGAでのアピールは強いということなのでしょうか?
 今回頂いたインプレの内容としては概ね高評価でしたが、悪い意味で無難、満点にはあと一歩足りない…という感じの感想がそこそこ見られました。指摘のポイントを見てみると、

・曲の繰り返しが多い
 これでも結構場面別に展開がしっかり変わるように作ったのですが、やっぱりいつもの癖が出ていたのかもしれません。
 ただ、どこか別の機会でも書くかもしれませんが私の好む作風として印象的な展開を繰り返しながら楽曲が展開していく、という構成があるため、展開が派手に変わり明確にA→B→C→サビパターン1→ブレイク→サビパターン2、みたいな昨今の音ゲーコアにありそうな展開は私にあまり期待しない方がいいかもしれません…。まあ作風は広げた方がいいし、頑張ってはみますけどね。

・メロディがちょっと不安定
お ま た せ
い つ も の
実 家 の よ う な 安 心 感
な ん か 書 い と け
 …精進します…。

・音作りにもう一工夫
 今回初めてSynthWave方面を作ったわけですが、上記の通り実際に作ったことでミックス面の難しさが見えてきました。正直なところまだ詰められる部分は多数あると思うので、また色々リファレンスを聴きつつ突き詰めていこうと思います。

  
 色々な意味で難産な作品で、個人的には不本意になってしまった点もあったのですが、評価としては概ね好評を頂き、良い点を次に繋げていきたいと思います。
 あと、今回の件で結果や需要を過度に気にしすぎるとまともに曲が書けなくなり、最終的な決め手になったのは「自分が何を作りたいか」だったため、今後も自分の「好き」を中心軸に創作を行なっていこうと思う所存です。
 改めましてプレイ・インプレありがとうございました!!



 さて、ここからはちょっとした告知です。(余談とか蛇足とも言う)
 現在開催中のイベント「アートなBMS」にて公開中のBMS『Ein Lichtblitz』をもって、私はBMSイベントへの参加を一旦休止します。と言うのも、現在来年の春M3に向けてある計画を進めているからです。うまくいけば2月半ば辺りに続報が出せるかもしれないので、それまで暫くお待ちください…。

 締まらない感じになりますが、本記事は以上です。 

↑このページのトップヘ